暗所恐怖症:眼球恐怖症、眼瞼恐怖症、眼窩恐怖症、眼球恐怖症または眼球恐怖症

George Alvarez 18-10-2023
George Alvarez

O 暗黒恐怖症 この恐怖症は、通常、子供で発症しますが、大人になってからも発症する可能性があります。 というトリガーが発生します。 と、それ以降、何が起こるか、何が現れるか、あるいは周囲が見えないことによる苦悩に怯えるようになります。

暗闇は基本的に寝ているときに体験するものですが、夜光虫恐怖症の人は光が全くないことが恐怖になります。

つまり、恐怖症は、何かや状況に対する強烈で不合理な恐怖が特徴で、麻痺するほどであるため、恐怖症の刺激を全力で避けるようになり、その人の人生を左右するようになるのです。

恐怖症とは何ですか?

恐怖はすべての人に共通するもので、私たちの生命の自己防衛メカニズムの一部であり、それは私たちが危険な状況の中にいることを示す脳の方法であり、自分を守るべきである。

しかし、これらの一般的な恐怖は、その動機が超次元的なものである場合、恐怖症になります。 つまり、危険な状況にいないのに、理不尽な恐怖を感じてしまうのです。 恐怖症は、警戒しながら生活する精神疾患である 命に関わるような危険な兆候がなくても

恐怖症に悩む人の多くは、自分が心の病であることを認識できず、専門家の助けを借りようとしないため、特定の物事や状況を避けて生活し、さまざまな問題やトラウマを引き起こしています。

事前に、私たちの恐怖を理解することが不可欠であることを理解し、その上で、恐怖と向き合う勇気を持ち、それができない場合は、神経症的な恐怖に対して行動するよう促す。

ミクトフォビア、ニクトフォビア、ライゴフォビア、スコトフォビア、アクロフォビアって何?

暗所恐怖症は、マイコフォビア、ニクトフォビア、ライゴフォビア、スコトフォビア、アクロフォビアとも呼ばれ、次のような特徴があります。 暗黒恐怖症 このような暗闇への恐怖は、非常に大きなものである。 は、その人の人生を制限し、苦悩や不安で苦しめる。 単に光量不足を恐れてのことです。

一般に、暗闇に対する恐怖心は、子どもの頃に芽生え始め、子どもの成長過程において「当たり前のこと」と考えられていますが、子どもの頃でも、暗闇に対する恐怖心が過剰で、日常生活や睡眠に影響を及ぼすようになった場合は、心のケアを受けることが必要です。

暗所恐怖症の原因とは?

暗闇への恐怖というと、一人でいることへの恐怖を連想する人が多いので、例えば、一人では眠れないが、親やパートナーなど知っている人とは一緒に眠れる。 しかし、この暗闇への恐怖は恐怖症であり、不安障害として特徴付けられる。

暗闇恐怖症は、暗闇そのものに直接関係するのではなく、恐怖症の人が想像する暗闇がもたらす危険性に関係する場合があります。 つまり、夜、暗闇は、何か悪いことが常に起こるという認識をもたらし、人はそれを主に不確実な感覚から、恐れるべきものとして見なします。

暗所恐怖症の原因はいくつかありますが、例えば、この恐怖症は人類の進化の始まりに由来するという説があります。 なぜなら、光を作り出す方法がなかった時代には、暗闇は外敵に襲われやすく危険だったからです。 その意味で、暗所恐怖症に苦しむ人々の遺伝子反応と言えるかもしれませんね。

また、この恐怖症の原因として、幼少期に罰として暗い環境に置き去りにされたなど、暗さに関する何らかのトラウマが考えられます。 あるいは、もっとひどい場合もあります、 闇夜に起きた幼少期のトラウマ 性的虐待、家庭内暴力、暗闇での交通事故など。

これらは、暗闇が怖い原因の一例です。やはり、人の心は非常に複雑で、恐怖症の原因を発見するには、メンタルヘルスの専門家による治療が必要かもしれません。専門家は、治療を通じて、一人ひとりに合った方法で、心を理解し、暗闇が怖い原因を解明していきます。

続きを読む: アンドロフォビア:男性に対する恐怖心や恐怖症

ミクトフォビアの症状

ミクトフォビアの症状について、 暗黒恐怖症 この病気は、恐怖症の人が日常生活に支障をきたすほどの症状を引き起こします。 その中でも、「恐怖症の人」は、「恐怖症の人」の中でも、「恐怖症の人」と呼ばれています。 しゅようきょうふしょう があります:

精神分析コースに登録するための情報が欲しい .

  • 夜間の外出が困難
  • 暗いところにいると緊張してパニックになる;
  • 不安障害
  • 不快感
  • 吐き気を催す;
  • の揺れがある;
  • 頭痛がする;
  • 心拍数の増加
  • 暗闇の中での無力感;
  • 苦悩と切迫した危機感;
  • 電気をつけて寝る
  • 現実を見ず、精神病になる;
  • 死の予感

暗闇への恐怖と睡眠障害との関係

マイコフォビアは、不眠症などの睡眠障害と関係している可能性があります。 不眠症に悩む人の多くは、暗闇が怖いという研究結果が出ています。

この恐怖症の人は、夕暮れ時から恐怖を感じるようになり、夜間に仕事をすることができなくなります。 なぜなら、恐怖症の人にとって、夜は最も危険な時間帯であるため、「油断」することができないからです。

暗所恐怖症の治療法

恐怖症は、病気であることを自覚していない、あるいは自分の症状をさらけ出すのが恥ずかしいという理由で、専門家の助けを求めずに生活している人がよくいます。 いずれにせよ、この病気と共存することは、病気を悪化させ、さらに重い精神障害を誘発するだけです。

この感覚では、あなたが暗闇の恐怖に苦しんでいるか、この障害を持っている人を知っている場合、必要であることを知っています。 メディカルヘルスにかかる 例えば、セラピーセッションでは、恐怖症の原因を見つけることで、治療法を見つけることができるようになります。

例えば、精神分析医とのセラピーセッションでは、あなたの無意識にアクセスするテクニックを使って恐怖症の原因を探ります。 こうして、発信された情報をあなたの意識に届けることで、治療に有効な解決策をもたらすことができるのです。

関連項目: 満月の夢を見る:考えられる10の意味

私たちの無意識は、独自の言語を通して、私たちの経験や記憶を再現し、人格の発達を担っていることを指摘しておきます。 したがって、無意識を通して恐怖の原因を探ることが重要であり、そこであなたの不調を根本的に解決する方法を見つけることができるのでしょう。

関連項目: フロイトにおける超自我:意味と例

また、恐怖症が重症化している場合は、精神科で抗うつ薬や抗不安薬などの薬物療法を受けることも必要です。

恐怖症の原因について詳しく知りたい方はこちら。

しかし、人間の心は複雑怪奇であり、この記事を最後まで読んでくださった方は、人間の精神や恐怖症の発症メカニズムについてもっと知りたいと思われたのではないでしょうか?

  • 自己認識力を高める: 精神分析の経験は、学生や患者・クライエントに、自分一人では現実的に不可能な自分自身への洞察を与えることができるのです;
  • 対人関係を改善する: 心の仕組みを理解することで、家族や職場の人たちとより良い関係を築くことができます。 このコースは、他人の思考、感情、痛み、欲望、動機などを理解するためのツールです。

最後に、このコンテンツを楽しんでいただけたなら、あなたのソーシャルネットワークで「いいね!」とシェアしてください。 そうすることで、読者のために質の高いコンテンツを作り続けることができるのです。

George Alvarez

ジョージ・アルバレスは、20年以上修行を積んでおり、この分野で高く評価されている有名な精神分析医です。彼は講演者として人気があり、メンタルヘルス業界の専門家向けに精神分析に関する多数のワークショップやトレーニング プログラムを実施してきました。ジョージは優れた作家でもあり、精神分析に関する数冊の本を執筆しており、批評家から高い評価を受けています。ジョージ アルバレスは、自分の知識や専門知識を他の人と共有することに専念しており、精神分析のオンライン トレーニング コースに関する人気ブログを作成しており、世界中のメンタルヘルス専門家や学生に広くフォローされています。彼のブログでは、理論から実践的な応用まで、精神分析のあらゆる側面をカバーする包括的なトレーニング コースを提供しています。ジョージは他者を助けることに情熱を持っており、クライアントや生徒の生活に前向きな変化をもたらすことに尽力しています。