第二子時代:期間と特徴

George Alvarez 18-10-2023
George Alvarez

このように、私たちは大人になるまでいくつかの成長段階を経ています。 それぞれの段階を経て、成長のピークに達するために必要な柱を築いていくのです。 そこで、この文章では 後期高齢者 と、どのように構成されているのか。

幼児期とは?

幼児期は、社会的・認知的な成長を遂げる成長段階であることが示されています。 3歳から始まり、自分自身はもちろんのこと、自分の住む世界を認識し、共存のための基本的な概念を吸収し始めることを示しています。

関連項目: 悪魔の憑依:神秘的な意味と科学的な意味

前ステージに比べれば成長のスピードは落ちるが、その分、運動協調性や主要動作が大きく磨かれ、思考、会話、記憶、行動がより発達し、目標に対して効果的に実行されるようになる。

そのために、ケアは十分であるべきで、決して杜撰であってはならない。 必要なものを集約して提供することが、彼女の可能性を引き出す重要な要素になるはずだ。 結局、私たちは、形成中の個人の成長について話しているのだから。

幼児期以降の特徴

というプロセスを経ています。 後期高齢者 は、開始と終了に長い時間がかかり、年数を必要とするため、より複雑です。 これだけあれば、子どもたちの成長に必要なことはすべて学べます。 この範囲にある無限の数の中で、私たちは引用することができます:

  • を責任を持って開発します;
  • を独立させました;
  • 搾取欲

では次に、子どもたちが幼少期に持つそれぞれの学びについて、詳しくご紹介しましょう。

責任の所在の明確化

例えば、おもちゃを片付ける、掃除をする、お腹が空いたら食べるなど、3歳からでも自分の行動の重さを理解し、音に合わせるのではなく、その戒めの根拠を確認するようになります。

インディペンデンス

子供が家の中を自由に走り回るようになると、多くの親は気が狂いそうになります。 しかし、それは子供が成長するために必要な自然な動きなのです。 子供をより自立させることは、必要な時に自分で判断できるようにするための自律性を高めることです。

関連項目: 暗所恐怖症(ニクトフォビア):症状・治療法

エクスプロイトの欲求

また、この時期の子どもは、活発で好奇心旺盛な子が多く、五感を通して世界の自然を探求し、それを理解しようとします。 だから、汚れたり、雨の中で遊んだり、新しい遊びを始めたりしたがるのは、彼女が自分自身を試し、発見しているからなので、心配しないでください。 .

自分との対話は、解決策の模索になることもある

お子さまが遊んでいるときに、独り言を言っているのを見かけたことがあるのではないでしょうか? その言葉は、一見バラバラに見えるかもしれませんが、これはお子さまの世界観の勉強です。 独り言は、お子さまが声を出して解決策を探している証拠かもしれません。

これによって、この子はすでに自分の思考をより批判的な方法で養っていることを知ることができるのです。 それは、あることがより困難であり、実現するために努力が必要であることをすでに理解している .

親は、子供の運動として、この問題に協力する必要があります。 後に、より良い教育を受けたとき、その日の問題を解決することが容易になるでしょう。 この子供が十分に成長すれば、どこに行けるか想像してください。

ディスオーダー

A 後期高齢者 は、親が子供をとても心配させるいくつかの障害が特徴的です。 多くの人が知らないだけで、この種の反応は自然であり、プロセスの一部です。 子供がそれらを制御することを学ばなければ、成長するにつれて、それらは勝手に通過します。

例えば、寝ている間におしっこをする「尿崩症」のお子さんは少なくありません。 後に離れる人もいますが、自然と直感的にこの行動から離れることができます この場合、年齢に応じて、寝る前におしっこをしたり、夜間にあまり水を飲まなかったり、おむつを使用したりすることがあります。

また、悪夢や夢遊病、睡眠恐怖症、睡眠障害などを抱える方も多く、自力では対処しきれないと判断した場合は、外部の力を借りることも可能です。

あわせて読みたい:自殺念慮:意味、症状、治療法

食の役割

しかし、多くの人は、そのようなことを教わるタイミングを逸してしまったために、健康的な食生活を送ることが難しくなってしまったのです。 幼児期は、毎日の食事について健康的な考えを紹介するのに最適な時期です .

精神分析コースに登録するための情報が欲しい .

その際、食生活が悪いと、体の発達も悪くなります。 肥満の多くは、生後間もないころの体質や精神的なものです。 親に慣らされた子どもは、脂肪や砂糖など塩分が飽和したものばかりを好みます。

そのためには、幼少期からビタミンやミネラルを多く含む栄養価の高い食品を好むように指導してください。 健康のためだけでなく、心身の成長に役立つと思ってはいけません。 栄養を積極的に摂るからこそ、多くの子どもたちが意欲的に、賢く、そして幸せになるのです。

コグニション

認知も第二次世界大戦の重要な要素です。 子どもたちは、自分の周りの世界にうまく対処するために、思考を広げていくことができます そうすることで、行動の原因と結果の関係や、それがどのように起こるのかを理解することができるのです。

このときすでに、近くにいなくてもシンボルを使うことができるのはもちろんのこと、その心証を理解し、自分なりに想像して実践しているようです。 その対象が、見た目や持っている以上の特徴を持つことも含まれます。

そして、人、物、瞬間を自分なりのカテゴリーで整理できるようになり、「表面的なものを変えても、全体は変わらない」という考え方の理解に近づきます。

発達中の運動能力

幼児期以降の発達は、段階を踏んで時間をかけて起こります . 3歳から6歳まで、子どもには自分を完成させるための相応の時間がある をカテゴライズして見てみるとよくわかります:

3年

この年齢では、急旋回や急停止はまだできず、ジャンプも35~60cm程度にとどまりますが、足を交互に動かしながら段差を登ることはすでに可能です。

4年

この頃から、より自立して止まれるようになり、物の抜き方や体の向きを理解しやすくなります。 ジャンプの距離も60~80cmと長くなっていきます。

5年

この時点で、彼女はすでに上記の能力を完全に制御している これは、ゲームや90cmまでのジャンプに有効であることからも明らかです。

セカンド・チルドレンに関する最終的な考察

要するに、その 第二次世界大戦は、子供の進化過程に真の革命をもたらす。 そうすることで、小さな子供が持っている潜在的な能力を伸ばし、世界を理解することができるのです。

そのため、親が積極的に介入することが必要なのです。 必要なときにスペースを与え、援助し、育てることで、子どもは見事に学ぶことができるのです。

このトレーニングは、あなたの自己認識と可能性を開く方法であり、あなたの子供たちにも同じことをするための型であると理解してください。 人間の心についての知識を得ることで、第二次幼年期は驚くほど充実したものになるでしょう .

精神分析コースに登録するための情報が欲しい .

George Alvarez

ジョージ・アルバレスは、20年以上修行を積んでおり、この分野で高く評価されている有名な精神分析医です。彼は講演者として人気があり、メンタルヘルス業界の専門家向けに精神分析に関する多数のワークショップやトレーニング プログラムを実施してきました。ジョージは優れた作家でもあり、精神分析に関する数冊の本を執筆しており、批評家から高い評価を受けています。ジョージ アルバレスは、自分の知識や専門知識を他の人と共有することに専念しており、精神分析のオンライン トレーニング コースに関する人気ブログを作成しており、世界中のメンタルヘルス専門家や学生に広くフォローされています。彼のブログでは、理論から実践的な応用まで、精神分析のあらゆる側面をカバーする包括的なトレーニング コースを提供しています。ジョージは他者を助けることに情熱を持っており、クライアントや生徒の生活に前向きな変化をもたらすことに尽力しています。