エロスとタナトス:フロイトと神話における意味

George Alvarez 18-10-2023
George Alvarez

エロスとタナトス は、重要な概念です。 ジークムント・フロイトの精神分析とギリシャ神話 フロイトの精神分析において、エロスは精神の統一と均衡を保とうとする生命の原理であり、私たちを成長させ発展させる動機となるエネルギーの原理であり、幸福と満足を求めて私たちを駆り立てるエネルギーである。

一方、タナトスは、精神の統一とバランスを破壊するために戦う死の原理であり、生から切り離し、死と破壊を求める動機となるエネルギーである。

ギリシャ神話とは?

ギリシャ神話は、セ ドゥルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルッ また、宇宙論、哲学、文学、芸術、古代ギリシャ宗教の基礎のひとつでもありました。 ギリシャの神々と女神は、自然、自然の力、人間の行動をコントロールする役割を担っていました。

ギリシャ神話は、ギリシャの習慣や文化、社会、宇宙や生命の起源など、深い知識を与えてくれます。 また、季節や月、星などの自然現象を説明するために使われました。

関連項目: 自己妨害のサイクル:その仕組み、それを断ち切る方法

神話とは、古代ギリシャ語で「物語」や「伝説」を意味するμιτος / mythosと、「学問」を意味するλογος / lógosに由来しています。 .

ギリシャ神話におけるエロスとタナトス

エロスとタナトス つまり、エロスは愛と創造の神、タンガトスは死と運命の神と考えられています。

精神分析におけるエロスとタナトス

ジークムント・フロイトのドライブ理論が影響を与えた。 哲学談義 この理論は、フロイトが「エロス」と「タナトス」という2つの主要な衝動に注目したものです。 これらの衝動は、それぞれ人生を楽しもうとする意志と人生を捨て去ろうとする意志を担っています。

フロイトにとってのエロスの意味

エロスとは、生きる、成長する、発展する、子孫を残す、創造するなどの欲求に代表される生命衝動のことです。 探究心 このように、満足感や幸福感を求める動機となる生命エネルギーなのです。

つまり、エロスは生命本能の表れであり、成長や他者とのつながりを求める欲求を顕在化させたものであり、それが探索に現れている:

  • を楽しむことができます;
  • 寵愛を受けることができます;
  • の満足度を高めることができます;
  • の接続を行います;
  • を開発しました。

生命本能の中で最もよく知られ、最も広く研究されているのが、エロスと呼ばれる性本能です。エロスは、性的欲求、親密さ、つながり、満足感によって生まれるエネルギーであり、この意味で、パートナーとの絆を深め、幸福感を高めるのに役立ち、個人の感情的・身体的健康にとって不可欠です。エロスといえば、通常、次のように連想しますが恋愛関係だけでなく、友情や仕事、飢えや渇き、痛みなど、人生の他の分野でも存在します。

フロイトにとってのタナトスの意味

一方、タナトスは、生を捨てたいという欲求に代表される「死の欲求」です。 痛みや苦しみから逃れたい、欲求不満を解消したいという欲求です。 基本的には、「に関する欲求」です:

  • 生を否定する;
  • 敬老の日
  • 死を受け入れない

要するにですね、 タナトスは、生命本能(エロス)と並ぶ2つの基本的な本能の1つである その意味で、破壊、死、自己抹殺、他者の破壊、原初のカオスへの回帰への強い衝動と表現される。

フロイトは、「死の本能」は誰の中にも存在するが、「生の本能」によって大きく制御され節制されていると考え、この2つの本能の相互作用によって、人間の多くの行動が成り立っていると考えた。

エロスとタナトス:フロイトの生への欲求論

しかし、フロイトにとっては エロスとタナトスの相互作用が、私たちを動かしているのです。 例えば、欲望を満たそうとするときは「エロス」、苦痛を避けてあきらめようとするときは「タナトス」の欲求が働くと言われています。

あわせて読みたい:デジタル時代の孤独:その正体と回避方法とは?

ドライブの理論によると 二兎を追うものは一兎をも得ず この2つの本能のバランスは、心の健康と社会適応に不可欠です。なぜなら、これらの本能の対立は、個人が発展、適応、進歩するために必要な緊張を生み出すからです。

精神分析コースに登録するための情報が欲しい .

このように、フロイトのドライブ論は、死との関係をよりよく理解できるようにすることで、生から死への避けられない通過点に、人生を十分に楽しみ、死をその一部として受け入れるという方法で向き合うことを可能にし、死に対する新しい視点を与えてくれるのです。

関連項目: 背後を取られないように:騙されないための7つの心得

だから、フロイトにとっては、相互作用の エロスとタナトス 彼は、人生とは2つの原動力の間で絶えず行われる交渉の連続であり、それによって私たちは充実した人生を送ることができると信じています。

人間行動におけるエロスとタナトス

エロスとタナトスの本能は、私たちの生活の中で常に活動し、私たちの選択や行動に影響を与えています。 その影響は、本能が満たされる度合いに比例し、本能が満たされれば満たされるほど、私たちの行動への影響力は大きくなります。

快楽原則は、満足の追求、プロジェクトの創造と達成というすべての内的欲求からなる、いわゆる生命欲求を駆動するものです。 一方、死の欲求は、孤立、麻痺、破壊的行動という欲求に結びつきます。

したがって、快楽原則は生命駆動の衝動として働き、苦痛を和らげ、人間が生命原則に基づいて行動する動機付けとなる。 したがって、 エロスとタナトスは人間生活の原型、あるいは対立する原理 私たちの選択と行動に影響を与えるもの

この記事を最後まで読んでくださった方は、人間の行動を研究するのが好きな証拠です。 その意味で、ぜひ精神分析のトレーニングコースを知ってください。 この研究の利点の中には、以下のものがあります:

  • 自己認識の向上:精神分析の経験は、生徒や患者・クライエントに、自分だけでは実質的に不可能な自分自身への洞察を与えることができる。
  • 対人関係の改善:心のしくみを理解することで、家族や職場の人との関係も良好になります。 他人の思考、感情、痛み、欲望、動機などを理解するためのツールになります。

最後に、この記事を気に入っていただけたなら、あなたのソーシャルネットワークで「いいね!」や「シェア」をお忘れなく。 そうすることで、読者のために質の高いコンテンツを作り続けることができるのです。

George Alvarez

ジョージ・アルバレスは、20年以上修行を積んでおり、この分野で高く評価されている有名な精神分析医です。彼は講演者として人気があり、メンタルヘルス業界の専門家向けに精神分析に関する多数のワークショップやトレーニング プログラムを実施してきました。ジョージは優れた作家でもあり、精神分析に関する数冊の本を執筆しており、批評家から高い評価を受けています。ジョージ アルバレスは、自分の知識や専門知識を他の人と共有することに専念しており、精神分析のオンライン トレーニング コースに関する人気ブログを作成しており、世界中のメンタルヘルス専門家や学生に広くフォローされています。彼のブログでは、理論から実践的な応用まで、精神分析のあらゆる側面をカバーする包括的なトレーニング コースを提供しています。ジョージは他者を助けることに情熱を持っており、クライアントや生徒の生活に前向きな変化をもたらすことに尽力しています。