のどぼとけ感:症状・原因

George Alvarez 18-10-2023
George Alvarez

をしたことがありますか? のどに一物あり 咽頭部に感じるものが、呼吸困難の原因となる「引っかかり」と表現されることがあります。 これは、医学的には「咽頭炎」と呼ばれるもので、次のような特徴があります。 のどの違和感は、不安や胃食道逆流などの要因で誘発されることがあります。 .

今回は、この「のどにしこりがある」という感覚は、意外と深刻かもしれない、という主な原因や症状について詳しくご紹介します。

目次

  • のどぼとけの主な原因・症状
    • 不安
    • 胃・食道逆流症
    • ピガレット
    • 甲状腺の問題
    • じゅうしょうきんむりょくしょう
    • 声門の浮腫
    • 筋萎縮性ジストロフィー

のどぼとけの主な原因・症状

不安

喉のしこりは、不安の症状のひとつです この感覚は、しばしば不随意泣きを伴い、心拍数が増加する。

しかし、実際に窒息の恐れがあるわけではなく、ただ感じているだけです。 心配しても、喉のしこり感が増すだけで、有害なだけです。

そのため、体が発するシグナルを無視しないようにすることが重要です。 は、解決すべき感情的な問題である。 メンタルヘルスの専門家と

このままでは、のどのしこりが続き、他の症状が現れる可能性もあります。 また、不安障害などの心の病気を発症することもあります。 ですから、このような悩みを抱えている方は、メンタルヘルスを専門とする専門家に相談してみてください。

胃・食道逆流症

胃食道逆流症は、胃の内容物が食道に戻り、さらに口に入ることで痛み、熱感、炎症、喉のしこりなどを生じます。 また、症状の強さは胃の内容物の酸性度や粘膜に接触する酸の量によって異なります。

つまり、胃・食道逆流は 逆流性食道炎 食道括約筋は、食べ物が胃に入るように開き、食道に戻らないように閉じる弁のような働きをするため、この逆転を防ぐことが一般的です。

また、乾いた咳やたんが出ることも逆流を示唆する症状としてあげられます。

ピガレット

ハァハァは、喉の余分な粘液によって特徴づけられ、喉にケーキを感じる主な原因の一つです。 ハァハァは非常に一般的で、以下のようないくつかの要因によって引き起こされることがあります:

  • インフルエンザや風邪の
  • のアレルギーをお持ちの方におすすめです;
  • 有毒ガスによる喉の炎症;
  • 煙や粉塵が出る;
  • 咽頭または喉頭の炎症。

要するにですね、 ホーキングは体の防御機構 鼻、咽頭、喉頭、気管上部で形成される上気道系に侵入するウイルス、細菌、真菌、アレルゲンから身を守るために、免疫系が喉に分泌物を蓄積し、より多くの量を生産します。

さらに、この粘液の厚さと量によって、侵入してきた微生物やアレルゲン物質が呼吸器系の深部に到達するのを防ぎ、体の防御細胞の働きを促進させるという仕組みになっています。

関連項目: 性科学部:存在するのか、どこで勉強するのか?

つまり、粘液の密度が高く、量が多いほど、侵入してきた微生物やアレルゲンを捕らえ、呼吸器系の深部まで到達させないようにするのです。 さらに、このバリアは、体の防衛細胞の働きを助けることにもなります。

甲状腺の問題

甲状腺は、頸部、俗に言う「アダムのリンゴ」と首の付け根の間にあり、T3(トリヨードサイロニン)とT4(サイロキシン)というホルモンを作る役割を担っています。 基本的にこれらは、さまざまな代謝機能の調節や他の臓器の機能を担っています。

痛みを感じることができたり のどに一物あり しこりやこぶがある場合 現在では、超音波検査が簡単にできるようになったため、自覚症状がないまま、偶然に甲状腺結節があることを発見される方も多くいらっしゃいます。

精神分析コースに登録するための情報が欲しい .

あわせて読みたい:不安の種類:強迫性障害、OCD、PTSD、BAD、パニック

しかし、このしこりが大きくなると、首の近くの構造物を圧迫し、のどのしこり、嗄声、声の高さの変化、呼吸や飲み込みの困難などの症状を引き起こすことがあります。

じゅうしょうきんむりょくしょう

重症筋無力症は自己免疫疾患であり は、神経系が筋肉に信号を送る能力に影響を与えます。 このように、脳と筋肉とのコミュニケーションが途切れたり、困難になったりすることで、筋力が低下してしまうのです。

これは、自己免疫疾患の場合、免疫系が筋肉などにある自分の受容体を攻撃し始めるため、脳から送られた情報をこの受容体が受け取り、筋肉を収縮・弛緩させることで運動を行うことができるようになるからです。

重症筋無力症は、舌の付け根から喉の先まである中咽頭の筋肉に影響を与えることがあるので注意が必要です。 そうなると、筋肉が弱くなるため、飲み込む力が低下します。 よくある症状としては、以下のものがあります:

  • のどにケーキがあるような感覚
  • 地域違和感
  • 食べ物が詰まるような感覚

声門の浮腫

声門水腫は、以下のような合併症があります。 やぶさかでない 皮膚や粘膜に見られる症状や徴候が特徴です。

そのため、アレルギー反応を引き起こす物質に接触すると、喉の粘膜に腫れが生じ、肺の空気の流れが制限されて呼吸が困難になることがあります。

つまり、声門は喉の奥、声帯の間にあり、肺に空気を送る役割を担っています。 重いアレルギーがあると、この部分が炎症を起こして通路が狭くなり、その結果、喉のしこり感、いびき、喉のかゆみなどの症状があらわれます。

筋萎縮性ジストロフィー

筋強直性ジストロフィーは、遺伝病で は、筋肉を無力化させる 主に顔、首、手、足、前腕の筋肉が侵され、首が侵された場合は、喉のしこりが特徴的な症状の1つです。

さらに、最も一般的な症状として、筋力低下、目が開きにくい、呼吸困難、飲み込みにくい、上肢・下肢の動きが弱い、不随意運動、首筋の筋力低下なども挙げられます。

そのため、のどがかわくという症状は、いくつかの異なる原因が考えられるため、正しい診断と適切な治療のために、個人が医師の診察を受けることが重要です。

関連項目: ゾルピデム:使用法、適応症、価格、副作用について

ただし、物理的な問題を排除した上で、覚えておいてほしいのは のどに一物あり は、不安が原因であることもあり、その場合は、専門の精神保健福祉士に助けを求める必要があります。

精神分析コースに登録するための情報が欲しい。 .

最後に、のどぼとけ感の原因や症状についてまだ質問がある場合は、以下にコメントを残してください。 また、記事を楽しんでいただけたなら、ソーシャルネットワークで「いいね!」とシェアしてください。 そうすれば、質の高いコンテンツを作り続けるためのモチベーションになります!

George Alvarez

ジョージ・アルバレスは、20年以上修行を積んでおり、この分野で高く評価されている有名な精神分析医です。彼は講演者として人気があり、メンタルヘルス業界の専門家向けに精神分析に関する多数のワークショップやトレーニング プログラムを実施してきました。ジョージは優れた作家でもあり、精神分析に関する数冊の本を執筆しており、批評家から高い評価を受けています。ジョージ アルバレスは、自分の知識や専門知識を他の人と共有することに専念しており、精神分析のオンライン トレーニング コースに関する人気ブログを作成しており、世界中のメンタルヘルス専門家や学生に広くフォローされています。彼のブログでは、理論から実践的な応用まで、精神分析のあらゆる側面をカバーする包括的なトレーニング コースを提供しています。ジョージは他者を助けることに情熱を持っており、クライアントや生徒の生活に前向きな変化をもたらすことに尽力しています。