心理学における群れ効果:それは何であり、どのように使用されるのか?

George Alvarez 24-10-2023
George Alvarez

自分の意思ではなく、多数派に導かれて行動したことがある人は、その時に ぐんしゅうこうどう .

この記事では、このことを理解するために のコンセプトがあります、 その 原因 e 後先 現在進行形の問題であることを忘れず、予防法やマナーについて理解し、知っておくことが重要です。

群れ行動とは

群行動とは、同種の動物が集団で逃げる行動に関する表現である。 保護のためのもので、進化によって獲得されたものである。

人間に当てはめると、リーダーや多数派の影響下で行われる個人または集団の意思決定のことで、そのような決議はしばしば性急で、負の影響を生み出すリスクを考慮していない。

関連項目: アトラス神話

集団思考という現象は、群れ行動とも関連しており、その意味では、他のメンバーの考えや態度に対して、行動や考え方に影響を与えるものと定義することができる。 それは、既存の相違の顕在化を妨げたり、阻止したりする傾向がある。

原因

これまで見てきたように、群れ行動とは、リーダーやグループの多数派の行動や考え方のことです。 リスクや結果は考慮されず、最小化もされません。 つまり、考えや態度の違いを無視して、総意となる傾向があるのです。

したがって、ルールや基準、規範の存在は、人々や集団が同じような方法で行動したり考えたりすることに影響を与えます。 異なる方法で行動したり、別の方法で現れたりすることは、そうした人たちに何らかのリスクやマイナスの影響を与える傾向があります。

この種の行動への固執は、4つの共通の原因がある傾向があります:

  • 1つ目は、リーダーやメンバーに受け入れられているという安心感の担保です;
  • もう一つは、異なる行動や考え方をすることによるリスクの回避や処罰を行い、イメージの維持を確保することです;
  • 第三の原因は、リーダーや多数派に従うことが必要なのは、その行動の背後に何らかの論理があるからだと理解することです;
  • 4つ目は、このように行動したり考えたりすることで、物質的であれ感情的であれ、何らかの利益が生まれると認識することです。

結果

群れの行動は、それが発生する状況に応じて、個人的または集団的に、さまざまな結果をもたらすことがあります。 それを特定することは困難ですが、いくつかの一般的な影響を示すことは可能です。

注意深く分析せずに行った選択や決定は、物質的、身体的、心理的、感情的に何らかのダメージを与える傾向があります。 また、場合によっては、変更する方法がないことも覚えておく必要があります。

緊張や危険が伴う場面では、多数派の行動に流され、命を危険にさらすこともあります。 結果を測らずに行動することは、安全でも効果的でもありません。

結果はそれだけにとどまらない...。

大きな感情を伴う文脈では、私たちは異なる方法で行動する傾向があります。 一般的なエネルギーや行動に動かされ、自分や他人の誠実さを危険にさらす傾向が強まるため、取るに足らない行動をとる可能性が大いにあります。

関連項目: プラトンのフレーズ:トップ25

社会的、政治的に強い訴求力を持つシナリオは、態度、思考、コミュニケーションに注意が必要です。 注意がないと、シナリオを浅く読み、ユニークで信頼できないソースに頼ってしまいます。 また、異なる人の意見に耳を傾けず対話しない、理解しようとせず判断したがる、などです。

を回避する方法

理想は ぐんばいよけ ある文脈における私たちの行動や反応を知ること、私たちがよく行く場所やその中での私たちの行動や関わり方を調べることは、予防の第一歩となります。

この情報は、私たちが自分の行動を意識するのに役立ちます。 状況を注意深く分析し、リスクや悪影響を評価することで、より良い意思決定を行うことができます。 その結果、群れ効果に影響されて考えたり行動したりすることを避けることができます。

いくつかの問題点を指摘することが重要である:

危険な状況では、多数派の行動に根拠や理由があるかどうかを確認することが重要です。 私たちは、他の人が同じように行動するからと、非効率的な行動をとらされることがよくあります。 責任を持って自律的に行動すれば、安全に過ごすことができるのです。

精神分析コースに登録するための情報が欲しい。 .

あわせて読みたい:ハンス・フォン・オトカーの場合

仕事やプロジェクトを進める上で、目的、ステージ、自分の役割などをグローバルに把握することは重要です。 最後に、勉強、信頼できる情報源でのリサーチ、ビジョンのレパートリーのバリエーションについて言及します。

だから、そうした行動が私たちを助けてくれるのです:

  • クリティカルシンキングの形成に
  • 差に対応するために
  • を、私たちの発想の根底に置いています;
  • 危険を減らすために
  • と群れ効果に固執する。

最終的な検討事項

この記事では、群れ効果について、その原因、結果、そしてそれを防ぐ方法を確認しました。 私たちは、あなたがテキストを楽しんでいることを願って、それについてのあなたの意見と考察をコメントすることを忘れないでください。

私たちの心理がどのように作用し、どのように影響されうるかを理解することは、群れ効果を避けるために非常に有効です。 もしあなたが精神分析の領域を知りたい、またはその知識を深めたいと思っているなら、ぜひ臨床精神分析コースをチェックしてください。 100%オンライン(EAD)、メイン教材と追加教材がついており、価格も優れています。

詳細やお申し込みは、弊社ホームページをご確認ください。

George Alvarez

ジョージ・アルバレスは、20年以上修行を積んでおり、この分野で高く評価されている有名な精神分析医です。彼は講演者として人気があり、メンタルヘルス業界の専門家向けに精神分析に関する多数のワークショップやトレーニング プログラムを実施してきました。ジョージは優れた作家でもあり、精神分析に関する数冊の本を執筆しており、批評家から高い評価を受けています。ジョージ アルバレスは、自分の知識や専門知識を他の人と共有することに専念しており、精神分析のオンライン トレーニング コースに関する人気ブログを作成しており、世界中のメンタルヘルス専門家や学生に広くフォローされています。彼のブログでは、理論から実践的な応用まで、精神分析のあらゆる側面をカバーする包括的なトレーニング コースを提供しています。ジョージは他者を助けることに情熱を持っており、クライアントや生徒の生活に前向きな変化をもたらすことに尽力しています。